株式会社ユーアイナは、末期のがん患者様の治療支援を行っています。

 

 
 
 
 

統合療法の治療支援

 

 

 

エレメントの力(安定エレメント水)


昆布の成分であるエレメントは、がん細胞に特異的に取り込まれて、核内転写因子PPARγを作動させて細胞分裂を停止し、細胞死を誘導し、さらに分化を誘導し、また間葉系転換を阻害する。

 

植物の力(ヨモギと笹のエッセンス/ヨモギと笹の湯はいいな)


これら植物エキス中に豊富に含まれる多種フラボノイド化合物およびテルペン類は複合的な作用で抗腫瘍効果を示す。

 

温熱の力(ヨモギと笹の湯はいいな、笹ムロ)


がん細胞の熱感受性特性を利用して、細胞死を誘導する。

 

統合療法の製剤化支援
統合療法の製剤化支援では、他のサプリメントよりも直接的にがん細胞を叩く効果が期待されている安定したエレメント(昆布の成分)水溶液の処方と製剤化技術を医師に提供し、医師による院内での製造を支援します。

 

微小流路デバイス法によるリキッドバイオプシー

日本遺伝子研究所のHPより引用
日本遺伝子研究所CTCラボとの共同研究で行う微小流路デバイス法を使用したリキッドバイオプシーでは、Type.1の原発巣から漏れ出たCTC(血中循環腫瘍細胞)とType.2のEMT(転移能を獲得した悪性の腫瘍細胞)の可能性があるCTCを日本遺伝子研究所 CTCラボに研究検査を依頼して測定しています。

 

 

 
 
初心者ホームページ作成